~ スローライフ ~


日常の出来事をゆっくり更新しています
by jyuriarose
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

口癖(くちぐせ)通りになる未来。言霊は大事!

誰でも口癖ってありますよね?

例えば、「何か良い事ない?」が口癖の人とか。。。
「良い事なんか何にもないよね?」とか・・・。
「お金がないのよ。。暇がないのよ」とか。。。(笑)

本人は無意識に使ってしまっているんですよ。
これと言って意味もなく。。
何気なく普段の生活の中で使ってしまっているのです。

そういう私もそうですけど。。(-_-;)

でもね。。。日本は「言霊の幸ふ国」と言われ、その意味は
言葉の霊力が幸福をもたらす国。
下記のwikiを参照にしてね。

wikiここから

言霊信仰においては、声に出した言葉は現実の事象に影響を与えると信じられ、
発した言葉の良し悪しによって吉事や凶事が起こるとされた。
そのため、神道での祝詞の奏上では絶対に誤読がないように注意された。
結婚式などでの忌み言葉も言霊信仰に基づく。
日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国(言霊の幸はふ国)とされた


まぁ。。。簡単に言うと、自分の発した言葉通りの人生になる。という事。

私はこの事を知って以来、なるべくポジティブに物事を考え、
極力、ネガティブな言葉は吐かないようにしています。
そうは言っても時々は愚痴りますけどね。(笑)

ずいぶん前の事ですが、我が家にパートに来て頂いていたFさん。
旦那さんが「ぐうたら亭主」で、家計はいつも火の車。
お金がないが口癖だった方。

お金がないと言う割に、ぱっぱとお金を使う人でした。

F 「イエね。。。大金にはいつも困るけど、私は生まれつき小銭には苦労をしない人だと、占い師に言われてるから」と言うのが口癖でした。

F 「私は今まで働いた事がなく、お宅で働かせて頂くのが初めてで、一度もお勤めに出た事がないんです。
家庭の事が大好きで、掃除・洗濯・お料理が好きだから、家政婦さんになりたいの」と言うのも口癖でした。

私「ふぅ~ん。家政婦さんかぁ~。私はなるべく家庭の事はしないで、自分の趣味と
かやりたい事をずっと楽しんで、いつも新しい事にチャレンジしながら、笑って楽しく、自分を高めながら老いて行きたい」と言いました。

そんなFさんは、旦那さんが「がん」になり、介護で我が家を辞めました。

我が家が商売を辞めたころ、Fさんの御主人も亡くなり、
Fさんは生活費を稼ぐため掃除婦のアルバイトと、家政婦のパートを始めました。

最初は楽しかったらしいのですが、毎日掃除や洗濯で自宅の掃除もままならず・・・


「こんなに家政婦の仕事が疲れるものだとは思わなかった」と愚痴をこぼしました。
そして。。当然、Fさんの家の中は「ゴミ屋敷」状態に。。(-_-;)

もともとFさんは「綺麗好き」な方で、それを主人が気にいってパートに来て頂いたわけです。

だから、Fさんの御主人が亡くなって半年もしないうちに、ある日夫婦で、Fさん宅に用事があり上がった所、どの部屋も足の踏み場もないくらい、ゴミで一杯になっていたのには驚きました。

主人「どうしてあんなに綺麗好きだった人が、あんな風になってしまったのだろう

?」と不思議がりました。

私は主人には言いませんでしたが・・・わかります。

人間の性格とか癖とかは、いきなり変わらないと思います。

彼女はもともと綺麗好きだったのではなく、家の中は亡くなった御主人が片づけていたのです。
御主人はFさんから「お給料が少ない。もっと稼いでこい!」と言われながら仕事へ行っていました。
朝早くから家の事や家の周りの事、車の掃除(自分の車や奥さんの車)。
そして大工の仕事。

Fさんがうちの主人は「ぐうたらで稼ぎが少ない。。生活ができない やりくり上手な私だから、こうして生活ができているの」と常に周りにこぼしていました。
旦那さんが亡くなり、一体いくら御主人はお給料とっていたの?と聞くと、「月にたったの70万ほど・・だと言う。

月給70万が安いか?安くないか?は個人の考え方だから、何にも言いませんけど。
月給70万で安すぎて生活ができないと言う感覚。

う~~~ん。私ならできますけど。。(笑)

まぁ・・話は元にもどして。。(笑)

口癖・・・・「私は家政婦になりた。。」「お金がない」・・。
まさに口癖通りになるのです。

今、彼女は72歳です。
今も家政婦のパートと、掃除婦のアルバイトをしています。
わずかな年金だから、それをしないとやって行けないと言います。
御主人の建ててくれた(大工なので自分で建てた)家の固定資産が大変だ泣き言をいいます。

我が家にパートに来た頃の言葉を思い出します。
F「うちの主人は働かないぐうたら亭主なの」
私「じゃあ、家を新築したって言うけどローンは払って行けるの?」
F「ローン?そんなものありませんよ。家も土地も全部現金で建てましたよ。
金利が高いのに、ローンで家屋敷を買う人なんて馬鹿ですよ。」と笑いました。

それを聞いていた私の姉(その頃、姉も私の店を手伝っていた)。
姉「だって旦那さんは働かない、あなたも今まで働いたことないなら、その現金って泥棒でもしたの?」と突っ込みました。(-_-;)

F「いいぇ・・・。それはね、私がやりくり上手だから、お金残して建てたのよ」

う~~~ん。
突っ込みがきつい姉も姉ですが、すかさず答える事がことができるFさんもFさんです。
素晴しい答え!!

その時思いました。
FさんにはFさんの価値観、世界観があり。。
それは私や姉とは少し違うのだと。。。(-_-;)

最近、Fさんに逢いました。やつれていますし、年もとりました。
長くなるのでこの話はまたいつか。


口癖。。。
必ず口癖通りの人生を歩むことになります。
口癖。。。みなおしてみませんか?


この話はFさんを馬鹿にしてとか、そういう意味で書いたのではありません。

Fさんがパートに来て、私はいろんな事をFさんから教えられました。
自分の常識(自分のモノサシ)が本当に、世間の常識なのだろうか?
とか。。。
自分を見つめなおすきっかけになったり。
[PR]
by jyuriarose | 2013-07-20 12:10 | 日々のこと/つぶやき

見知らぬエムちゃんへ

心配が心配を呼ぶ法則

エムちゃん読んでくれてるかなぁ~~???

旦那さんの入院のブログを読んだ時、すぐにピンときた。

発症理由は「強いストレス」だと。。

ストレスの原因は「エムちゃんの入院(病気のこと)するかも??」。


私にはよ~く分かるんだ。

うちも子供がいない夫婦だから。。。
夫婦の絆は強いんだよ。
すごく、すご~~く強いんだよ。

子供に愛情が行く分、その愛情・情熱・云々・・・・みんな相手に行くんだよ。

相手は自分であり、自分も相手なの。

あまりにお互いの存在が空気みたいで分からないけど。。


私が思うに。きっとエムちゃん(何の病気なのか?知らないけど)の病気が心配で心配で、
でも心配しても解決できないよね。。
入院したり、通院したり、とにかく検査結果が出て、それからなるようになるのだけど。

でも。。。。そのなるようになるまでの「不安感」が恐ろしい。
知りたいけど知りたくない。矛盾してるけど。
堂々巡り・・・。
いろいろ考えて・・結果的に良いイメージが出来れば良いんだけど。人間ってなかなかポジティブに考えられない。

最悪は「相手を失うかもしれない」・・・なんて考えたりする。

それは耐えられない。。。。
耐えられないんだよ。。。。辛すぎるんだよ。
自分がその病気を代わってあげたい。代われるものなら代わりたい。(涙)


そんな強いストレスで。。エムちゃんの旦那さんはその病気が発症したんだよ。

でもそれはエムちゃんが悪いわけでもなんでもない。

きっと何かわけがあって今「エムちゃん夫婦は神様から試練を与えられている」だよ。
乗り越えられない試練は神は与えないからね。

それと、旦那さんの病気は3ヶ月くらいで治るよ。必ず治ります。

それは心配をしないこと。。。
あまりくよくよ考えないように、自分を変えて行くこと。


東洋医学の「素問」に

「怒りは肝を傷つける
喜びは心を傷つける
過度の思慮は脾を傷つける
悲しみは肺を傷つける
恐れは腎を傷つける」

心配は肺を病むんだよ。

エムちゃん・・・・旦那様。。。いろいろあるでしょうが、明るく感謝で乗り切ってください。
感謝でしかのりきれないないのです。

エムちゃん・・・がんばって。
いつも・・いつでもあなたを応援しています。

参考にして

このサイト読んでみて
[PR]
by jyuriarose | 2013-07-03 14:23 | 日々のこと/つぶやき